【半導体】NVIDIAの魅力と将来性

米国株

米国株で資産運用している yu (@yu_techs) です。

最近株価が低調なNVIDIAですが、改めて魅力的な点を確認しておきます。

 

スポンサーリンク

直近の株価

このチャートが最近誰もNVIDAの話題をしない理由を物語っています。(涙)

9月の頭に高値を付けてから3カ月間レンジ相場になってます。出来高もかなり少なくなっていることがわかります。

まあ、NVIDIAだけでなくGAFAMなどの巨大テックも同じようなチャートだったと思います。今は小型株などに資金が循環している気がしますね。

なので今の時期は仕方ありません。(涙)

 

業績

直近のQ3決算の売上高が$4.73BでY/Y+57%とグロース企業張りの成長をしています。

今後AIの市場は更に大きくなっていくのは間違いなく、まだまだ成長していくと私は思います。

特に、Auto(自動運転)の分野が今後1~2年で更に飛躍していくのではないかと予想してます。

更にARMの買収が、どのような形で業績に関与していくかも注目ですね。

Q3の決算については以下の記事で詳細に記載しているのでも気になる方はチェックしてみてください。

 

 

AI時代の主役

皆さん先日行われたソフトバンクGの基調講演でのジェンスンと孫さんの談話はご覧になりましたでしょうか?

まだ見てない方は、YouTubeのリンクを貼っておきますので是非見てください。

 

この談話で孫さんがはっきりと言っていたのが「これから10年後はAIの時代になる。その中心人物はジェンスン!あなたですよ!」ということです。

私も今後AI革命が起き、あらゆるデバイスにチップが必要となり、NVIDIAの需要は更に上昇していくと考えてます。

また、コンピュータ業界の宝といわれているARM社の買収について語られた内容はこれから生まれるNVIDIAのエコシステムを予感させられる刺激的なものでした。

ARMを売却したことで孫さんは色々言われてましたが、きっとジェンスン(NVIDIA)にだからこそ売却を許したんだなと、この談話を聞いてて節々に感じることができました。

ビジネス的な側面を言うと、ARMはNVIDIAとのシナジーでより成長すると考えていると思います。

なので、ARM単体よりARMを買収したNVIDIAの株を保有していた方が、将来的にソフトバンクグループの企業価値が向上すると判断したのだと思います。(でなければ買収時にすべて現金で交渉したはずです。)

 

まとめ

最近株価が不調なNVIDIAですが、今後10年は成長し続けるのではないかと個人的には考えてます。

なので安心してホールドし続けられる企業です。

孫さんとジェンスンの談話は何度も見返しました。

  • 今後10年どういう世界になるか
  • NVIDIAはAI革命の中心である
  • ARMを買収してやりたいこと

など非常に面白い内容ばかりでした。

NVIDIAはこれから来るAI革命企業のど真ん中だと私は思ってます。

答え合わせは10年後で!

👇 応援のクリック頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

DMM.com特徴公式

DMM FX
申込は簡単5分で入力完了!
最短1時間で取引】※面倒な郵送物の受け取り不要
詳細
米国株
スポンサーリンク
プロフィール
yu

米国株を中心に個別株やETFなどに投資中。銘柄分析や投資戦略についてのブログを運営。

yuをフォローする
yuをフォローする
yuブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました